Minecraftで作ったものを3Dプリントする際の勘所を説明します。

stlデータの作成 (Mineways)

Minecraftのワールドデータから3Dプリンタ用のデータ(stl)をエクスポートするために、Minewaysというソフトウェアを利用します。

Minecraftのワールドを読み込んだら、プリントしたい範囲を選択します。

Screenshot from 2016-12-03 18-48-43.png

続いて、”Export for 3D Printing”からstlを選択します。

Screenshot from 2016-12-03 18-48-50.png

家庭用の3Dプリンタでプリントする場合、エクスポート設定はこんな感じになります。

Screenshot from 2016-12-03 18-50-41.png

Shapewaysでフルカラープリントする場合は、以下を変更すると良いでしょう。

  • ファイル形式: wrl
    • Shapewaysにアップロードするときは、zipファイルを選択
  • “Make each block 2mm high”
  • 材料の使用量を減らすため、”Hollow out bottom of model ..”と”Superhollow”にチェック

オーバハングの処理 (Blender)

家庭用の3Dプリンタでプリントする場合、オーバーハングを無くすとサポートが不要になります。

今回はBlenderでstlのモデルを分割する方法で、オーバハングを無くしました。

  1. Blenderを起動
  2. デフォルトの立方体を削除
    • (Object mode) 右クリックで選択 -> キーボードのx -> delete
  3. stlモデルをインポート
    • File -> Import -> Stl(.stl) Screenshot from 2016-12-03 17-30-14.png
  4. 面を四角形に変換
    • TabでEdit modeに変更
    • Alt+j Screenshot from 2016-12-03 17-32-06.png
  5. 不要な部分(頂点)を削除
    • キーボードのaで全選択解除 Screenshot from 2016-12-03 17-37-21.png
    • Ctrl+左ドラッグで削除する範囲を指定 Screenshot from 2016-12-03 17-37-40.png
    • x -> Vertices Screenshot from 2016-12-03 17-37-49.png
  6. 穴を埋める
    • Alt+Shift+右クリックでループ選択 Screenshot from 2016-12-03 17-38-12.png Screenshot from 2016-12-03 17-39-44.png
    • キーボードのf Screenshot from 2016-12-03 17-39-48.png Screenshot from 2016-12-03 17-40-02.png

プリントするときに、広い面が下になるように配置します。

Screenshot from 2016-12-08 23-07-52.png
マインクラフトで3Dプリント 2
Tagged on:             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です